ピルは吐き気がするほど生理重い人にも効果的

ピルは避妊以外にも、生理痛や月経前症候群であるPMSの軽減などにも効果的です。正しく使用することで、ほぼ100パーセントの確率で妊娠を避けることができるので、安全で確実な避妊方法だといえます。
クリニックなどで診察してもらってからしか処方してもらうことができないので、生理重い人などは、内診なども行う場合があります。ですが、もしそれが苦手だったり、いやだというときは、医師と相談して診察をするかどうかを決めることができるクリニックなどもあるということです。
ピルは、どんな種類のものでも、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれています。このホルモンの働きによって排卵が抑えられて、受精したり妊娠をさせないようにしています。さらに、子宮内膜の増殖をおさえて、受精卵を着床しにくくすることができ、子宮頸管の粘膜を変化させることで精子が進入しないようにする、などの作用もあるということです。
ピルを服用すると、旅行などに行きたいときに、予定にあわせて利用することで周期をずらすことができます。また、先にも書いたように、生理痛などの融和もあるのですが、同時に使用しはじめたばかりのころは、副作用があるということも知っておくべきです。ピルを服用し始めたばかりのころは、副作用として吐き気や頭痛、倦怠感やむくみなどを感じることがあります。吐き気や頭痛などの副作用は慣れてくれば治まるといわれています。ですが、もし副作用がなかなか治まらない、吐き気や頭痛はひどくなってきているなどの症状が改善されない場合は医師に相談することが大切です。
生理重い人というと、初潮から数年たった人だったり、社会人の人などもいます。ピルを上手に利用すれば、避妊目的の人以外でも生理重い人や月経前症候群なども軽くすることが出来ると人気があります。