正しくピルを服用し、生理周期を管理しよう

ピルは、避妊目的以外に、女性にとって大きなメリットがあるお薬です。それは、生理周期を自分で管理できるということ。きっと女性は誰もが「生理がコントロールできたらなぁ…」と思ったことがあるのではないでしょうか。ピルは、生理周期を整え、コントロールし、更に月経困難症を防いでくれる、女性にとっては強い味方なのです。では、日本でピルの使用があまり普及しないのは何故なのでしょうか。それは、薬を飲むと副作用がある、という昔からの考えによるものでしょう。また、本来自然であるはずの生理周期を無理にコントロールすることに対する不安や、男性主体の避妊が一般的であることも考えられます。しかし、世界の多くの国々では、正しい知識と指導のもとで、ピルを使用し、自分自身の身体と心を守っているのです。そもそも、ピルの主成分は、女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)と、エストロゲン(卵胞ホルモン)です。これらは私達の身体の中で、排卵や妊娠のシステムをコントロールしており、服用によってホルモン分泌の周期を安定させることができます。毎日決まった時間に、決まった分量を服用することで、生理自体を早めたり、遅らせたりできるほか、子宮内膜の増殖が抑制され、その結果月経時の出血量が減少、月経困難症や鉄欠乏性貧血が改善されるというメリットもあります。またピルを服用している女性は、卵巣がんや子宮体がんの発生率が大幅に減少することも分かっています。しかしながら、服用の方法を間違えてしまったり、飲み忘れたりした場合、その効果が激減してしまうため、ある意味とても面倒なのです。体調管理と薬の管理がきちんと出来る方には、おすすめですが、忘れっぽい方にとってはあまり意味がないかもしれませんね。